5年連続24回目の出場となる青森山田
4年連続4回目の出場となる弘前東
62年ぶり2回目の出場となる東奥義塾

 第72回秋季東北地区高校野球大会は11日、岩手県で開幕する。大会成績が来春の選抜高校野球大会(センバツ)の出場校を決める際の判断材料となる。青森県からは青森山田(第1代表)、弘前東(第2代表)、東奥義塾(第3代表)が出場する。センバツの二つの東北代表枠を目指し、各県代表としのぎを削る。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)