今季の公開を終えた田んぼアート。2会場開催となってからの観覧者数が過去最少に=6日、田舎館村の第2アート会場

 青森県田舎館村の名物イベント「田んぼアート」の2019年の公開が6日で終わり、期間中の観覧者数が前年比約22.4%減の20万3656人となり、第2アート会場が加わった2012年以降では最少となった。同村は田んぼアート人気が一段落したとみられること、災害の頻発、作品の対象年代の狭さなど多様な要因が重なったとみて、来年度以降の対策を練る。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。