記者会見で厳しい表情を見せる貴ノ富士関=9月撮影

 付け人力士への暴力行為などにより日本相撲協会から自主引退を促されている十両貴ノ富士の師匠、千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)は8日、貴ノ富士の同意なしで引退届を提出することに否定的な見解を示した。「本人と話して、自分(貴ノ富士)から出す方向に持っていってあげたい」と話した。

 相撲協会によると貴ノ富士の意向は11日までに連絡がある。師匠は、謹慎を通告されながら部屋に不在の弟子と連絡が取れず、代理人弁護士からは面会を断られているという。「なぜ師匠と弟子が会ってはいけないのか。しっかり話し合いたい」と複雑な心境を語った。

(共同通信社)