ウェルネス博のプログラムを紹介するラムダ作戦会議の委員ら

 北海道新幹線開業を機に青函エリアの交流拡大に取り組んできた「津軽海峡交流圏ラムダ作戦会議」が今月から、青森県内と道南の健康に関する約20のプログラムを集めた体験型博覧会「ウェルネス博」を始める。7日、同会議は青森市の「あおもりスタートアップセンター」でキックオフセミナーを開いた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。