任期満了に伴うむつ市議選は6日、投開票が行われ、新議員22人の顔ぶれが決まった。立候補者25人のうち、現職15人、新人7人が当選した。

 市町村合併後、市議選は4回目(補選除く)。投票率は57.37%で、過去最低だった2015年の62.60%をさらに5.23ポイント下回り、初めて60%を割り込んだ。新議員の任期は16日から4年間。

 党派別の当選者数は、自民5人、公明2人、共産2人、無所属13人。地域別では、旧むつ市地区14人、川内地区3人、大畑地区3人、脇野沢地区2人。

 自民党現職の浅利竹二郎氏が1899票を獲得し、2回連続でトップ当選した。現職は2人が落選し、新人は全員が当選。新人は30~50代が多くを占め、不出馬の現職と顔ぶれが入れ替わり、世代交代が進む結果となった。

 定数はこれまでの26から4減に。各候補は人口減少対策、医療福祉の充実、エネルギー政策などを訴えたが、明確な争点とはならず、論戦は盛り上がりを欠いた。投票カーによる移動期日前投票所を初めて導入したものの、投票率は伸び悩んだ。

 

むつ市議選
(定数22-25)
▽有権者数 48,588
▽投票者数 27,873
▽投 票 率 57.37%
 
1,899 浅利竹二郎 76 自現
1,650 大瀧 次男 70 自現
1,506 村中 浩明 52 無新
1,485 山本 留義 67 無現
1,380 白井 二郎 72 自現
1,331 住吉 年広 53 公新
1,283 富岡 直哉 31 無新
1,258 杉浦 弘樹 40 無新
1,148 鎌田ちよ子 68 公現
1,140 斉藤 孝昭 54 無現
1,118 濱田 栄子 68 無現
1,076 佐藤 広政 53 無新
1,033 工藤 祥子 72 共現
1,000 原田 敏匡 44 自現
986 佐藤  武 64 共新
952 東  健而 73 無現
930 佐々木隆徳 67 無現
881 冨岡 幸夫 68 自現
880 佐々木 肇 76 無現
860 佐賀 英生 56 無現
854 岡崎 健吾 66 無現
839 野中 貴健 47 無新
  786 半田 義秋 71 自現
  712 野呂 泰喜 67 無現
  513 新谷 泰造 69 無元

※案分票は小数点以下切り捨て