青森県選挙区での野党統一候補擁立に意欲をみせる玉木代表

 国民民主党の玉木雄一郎代表は6日、青森県八戸市内で東奥日報紙取材に応じ、次期衆院選青森県1~3区について独自候補にこだわらず、「野党統一候補を擁立したい」との考えを示した。今年7月の参院選青森県選挙区で共闘した共産党も含めて一本化調整を図りたいとした。衆参両院で立憲民主党などと統一会派を結成したことで「安倍政権に対して強力な論戦力で臨める」と意欲を見せた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)