崩壊が進み危険な状態となっている十和田市焼山地区の元旅館兼住宅=10月28日

 青森県十和田市が、崩壊が進む同市法量焼山の元旅館兼住宅について、同住宅の所有者=県内在住=に対し、2015年に施行された空き家対策特別措置法に基づき建物の撤去などを求める命令を出していたことが14日、分かった。命令は6日付。同市によると同法に基づく命令は県内初。期限の12月末までに適切な措置が講じられなければ行政代執行に向けた手続きに着手する。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)