不正と判断された共著論文について説明する佐藤学長

 弘前大学元医学部教授の男性(故人)が筆頭著者の論文を海外の掲載雑誌が相次いで取り下げた問題で、弘大は14日、論文14本に捏造(ねつぞう)などの研究不正があったと発表した。いずれも佐藤敬学長が共著者となっていたが、不正への関与はなく、研究内容に責任を負う立場にないと結論づけた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)