青い光で照らされた青森銀行記念館を前に、記念撮影する参加者

 世界糖尿病予防デーの14日、青森県糖尿病対策推進会議(会長・齊藤勝県医師会会長)などは県内3カ所で、特徴的な建物を青い光で照らすブルーライトアップを行い、糖尿病の予防や治療について道行く人々に理解を呼び掛けた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)