育てたリンゴの競りを見守る梅沢小の児童たち

 東奥信用金庫は14日、津軽地域の取引先企業を調査した2017年7〜9月期の業況リポートを発表した。業況判断DI値(業況が「良い」企業割合から「悪い」割合を引いた値)は前期(4〜6月期)比11.2ポイント上昇のマイナス3.9で、2期連続プラス推移となった。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)