育てたリンゴの競りを見守る梅沢小の児童たち

 青森県鶴田町の梅沢小学校4、5年生17人は14日、手塩にかけて育てたリンゴを五所川原市の五所川原中央青果に持ち込み、競りに掛けた。最高額は1箱2万5千円。破格の高値に児童は大喜びし、市場関係者はびっくりしていた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)