入賞作品の展示作業に当たるスタッフ

 15日に開幕する第85回東奥児童美術展(東奥日報社など主催、県立郷土館、東奥日報文化財団共催、サクラクレパス協賛)の展示作業が14日、青森市の協同組合タッケン美術展示館(青森市民美術展示館)で行われた。家族や友達との思い出などをのびのびと表現した537点(図画434点、版画103点)が会場に並んだ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)