投手の投球フォームについて「肩関節の可動域を広げることが重要」と解説する仁志氏(右)=12日、青森市の青森国際ホテル

 青森市教育委員会は12日、同市の青森国際ホテルで「スポーツ指導者のためのシンポジウム」を開いた。プロ野球巨人の元選手で日本代表U―12監督の仁志敏久氏や青森山田高校サッカー部の黒田剛監督らが講演した。市民ら330人が、けがをしない体づくりや精神面強化などについて理解を深めた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)