3日に航空自衛隊三沢基地のF2戦闘機が、三沢空港(青森県三沢市)で旅客機が着陸しようとしていた滑走路に進入したトラブルに関し、空自トップの丸茂吉成航空幕僚長は4日の会見で「戦闘機が管制塔の許可を受けずに進入した」と述べ、再発防止のため操縦士教育の徹底に取り組む考えを示した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)