ボーリング調査の試料を観察する石渡委員(中央)=4日午前、六ケ所村の日本原燃

 日本原燃・六ケ所再処理工場の安全審査を行っている原子力規制委員会は4日、青森県六ケ所村の太平洋側にある出戸西方断層について2日間の現地調査を終了した。同日は、原燃がこれまでの調査で収集した試料を基に地下構造や地質、火山灰の層を確認。規制委の石渡明委員は「大体において説明は納得できる部分が多かったが、依然、疑問に思うところがある。公開の場で議論したい」と述べた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)