弘前大学農学生命科学部の西塚誠准教授(46)、細胞生物学=の研究グループは、タンパク質の一種「RhoE(ローイー)」が、子宮頸(けい)がんの転移に関わっていることを明らかにした。RhoEには、転移の際に起こるがん細胞の形質転換を抑制する働きがあるという。今後さらに研究が進めば、新たながん治療薬の開発につながる可能性がある。弘大が4日、研究成果を発表した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)