医師が都市部に集中する偏在問題で、全国の「医師少数県」が連携して国に具体的な解決策を求めていくという岩手県の構想について、青森県は3日、連携に参加する方向を示した。県議会環境厚生常任委員会で、医療薬務課の若松伸一課長が「前向きに対応したい」と述べた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)