ANA国際線のファーストクラスで提供される和食の機内食イメージ。機内ではコース料理の形で順番に運ばれる(ANA提供)
16年にグローバルGAP認証を取得した水田でつがるロマンの刈り取りを行った五農の生徒たち=9月26日

 「五農米」が世界の空へ―。12月から2018年2月まで、全日本空輸(ANA)の羽田、成田発国際線ファーストクラスの機内食に五所川原農林高校(山口章校長)の生徒たちが栽培した「つがるロマン」が使われることが決まった。同校関係者は「何よりの自信になる」と喜びの声を上げた。ANAが高校生の作った農作物を機内食に採用するのは初めて。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)