田小屋野貝塚で見つかった人骨について、ボランティアガイド(左側)の説明を聞くツアー参加者

 今夏に世界文化遺産の国内推薦候補に決まった「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成資産である、青森県つがる市の「田小屋野貝塚」や「亀ケ岡石器時代遺跡」などを巡る「縄文ロマン」バスツアーが9月28、29の両日、開かれた。2日間で県内外の13人が参加、ボランティアガイドの説明を受けながら、縄文人の生活などに思いをはせた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。