第70回全日本バレーボール高校選手権の県代表決定戦で、前回大会まで12年連続で選手権に出場した青森県の強豪・聖愛の女子バレーボール部が9月から休部していることが6日、弘前学院聖愛高校への取材で分かった。指導方針を巡り、部員の退部が相次いだためという。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)