風力発電施設を望む陸上競技場からスタートする選手たち

 青森県六ケ所村と村教育委員会は9月29日、村内に立地するエネルギー関連施設を眺めながら走る「六ケ所エネルギーパークマラソン大会」を初めて開催した。村大石総合運動公園を発着点に、全国各地から参加した約800人が3キロ、5キロ、ハーフの3部門に分かれ健脚を競った。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。