石垣東面北側の井戸遺構。新旧2時期の井戸が重複して確認された
石を取り除いた天守台で解説する関根教授。中央の黒い層は、土器の破片などが埋まる縄文期の遺構

 弘前城本丸の石垣大改修に取り組んでいる青森県弘前市は1日、本年度の発掘調査で石垣内部にしみ出した水などを捨てる排水遺構の構造が判明したと発表した。排水遺構の暗渠(あんきょ)(地下排水溝)がふさがれたことなどで石垣内部の水はけが悪くなり、崩落につながる膨張の一因になったと推察している。また、天守台の下に縄文時代の遺跡が残っていることも明らかになった。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)