文科省で記者会見する貴ノ富士関=27日午後

 大相撲で昨年に続いて付け人力士に暴力を振るい、日本相撲協会から自主的な引退を促された西十両5枚目の貴ノ富士関(22)=本名上山剛、栃木県出身、千賀ノ浦部屋=が27日、文部科学省で記者会見を開き、現役続行の希望を明言した。

 貴ノ富士関は暴行や若手力士たちへの差別的発言を事実と認めて謝罪した一方、「今回の処分はあまりに重く受け入れられない。私には相撲しかない。反省し、土俵に戻って相撲道に精進したい」と話した。

 26日の理事会で、懲戒ではないものの事実上の引退勧告を受け、その後に師匠の千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)からも引退届提出を求められたが、拒否したという。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む