【エルサレム共同】イスラエルのネタニヤフ首相(右派「リクード」党首)は19日、過半数を獲得する勢力がなかった17日の総選挙結果を受け、最大のライバルだった中道政党連合「青と白」を率いるガンツ元軍参謀総長に「大連立政権の樹立」を呼び掛けた。これに対してガンツ氏は即日拒否した。地元メディアは、ネタニヤフ氏は首相輪番制を提案すると報じていた。

 ガンツ氏は「広範な大連立政権の樹立」を目指すとしたが、第1党は「青と白」で次期政権を率いるのは「自分だ」と主張し、提案を拒否した。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む