三沢市国際交流スポーツセンターのメインアリーナを視察するカナダの関係者=6月8日

 青森県三沢市は2015年11月に公表した東京五輪・パラリンピック活動推進指針で、大会の意義を市民が実感できる事業を行うことなどを掲げた。市は事前合宿誘致を契機に、一層の国際交流の促進や、障害の有無にかかわらず支え合う「共生社会」実現に向けた取り組みを加速させる。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)