朝野球の県王座を争う第54回青森県朝野球選手権大会(県朝野球連盟、東奥日報社共催)は21日、八戸市を主会場に開幕する。同日と22日は計6球場で1回戦から準々決勝、28日に八戸市長根運動公園野球場で準決勝と決勝を行う。各地区の代表計40チームが栄光の優勝旗を目指す。

 昨年の決勝は、日本原燃野球部(六ケ所支部)が8-2で三沢市役所(三沢支部)を下し、3年ぶり5度目の優勝を果たした。

 今年の地区大会には計277チームが参加した。激戦を勝ち抜いた各チームの実力は伯仲しており、好ゲームが期待される。