自分たちが栽培した野菜を販売する田多さん(右)ら営農大生

 1日から全国一斉に行われている「赤い羽根共同募金活動」は本年度、70周年を迎えた。青森県内の募金実績額は、1997年度をピークに減少を続けていたが、2015年度に増加に転じた。増加の要因の一つに、企業・団体の募金活動への積極的な参加がある。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)