青森県内の市町村と一部事務組合などが運営する23自治体病院(18事業会計)の2018年度決算見込みで、病院の経営状況を示す経常損益は11億3700万円の赤字となり、前年度の赤字額から半分近くまで減ったことが18日、県のまとめで分かった。人件費の減少、コストの削減、一般会計からの繰り入れ増が主な要因。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)