自分たちが栽培した野菜を販売する田多さん(右)ら営農大生

 青森県七戸町の県営農大学校(成田勝治校長)の学生たちが、同校で栽培したリンゴや野菜を東京都内の消費者にPRする販売研修が、12日から始まった。初日は暑い日差しの照りつける中、学生たちは額に汗を浮かべながら「私たちが作った青森産の野菜とリンゴです」と声を張り上げた。研修は13日まで。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)