自民党優勢の各紙世論調査の結果を受け、同党陣営は引き締めに躍起となった=12日(写真は、マイクを握る自民党候補者と支持者のコラージュ)

 衆院選青森県3選挙区で自民党候補がいずれも先行し、3議席独占の勢いとする各紙の世論調査結果が報じられた12日、県内の同党関係者は安堵(あんど)しながらも陣営の緩みを警戒し、引き締めに躍起となった。一方、野党は候補者の乱立で非自民票の受け皿が割れ、苦戦を強いられている。投票先未定の有権者が多い無党派層に照準を合わせた戦いで、巻き返しを図る構えだ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)