空き家問題について語る牧野氏

 東奥情報懇談会10月例会が12日、青森市のホテル青森で開かれ、不動産のコンサルティングを手掛けるオラガ総研(東京)の牧野知弘代表取締役が「空き家問題と地方創生に向けての処方箋」と題して講演した。空き家問題解決には、地方から失った人を都会から呼び戻すことが鍵を握ると主張した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)