審査員(左)の質問に答える五所川原農林高校の生徒たち
6日に行った実習で間伐した木材を運ぶ生徒たち=五所川原市金木町芦野の実習林

 農産物の安全管理に関する国際認証「グローバルGAP」を2年連続で取得している五所川原農林高校(山口章校長)は本年度、森林に関する国際認証「FSC(森林管理協議会)森林認証」の取得も目指している。12、13の両日、民間審査機関による審査が同校などで行われており、国際認証機関によって認められれば高校としては国内初の取得となる。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)