9月19日に青森県平川市の津軽みらい農協・尾上ライスセンターのタンクの配管から灯油が流出しているのが見つかった問題で、岩木川水系水質汚濁対策連絡協議会(事務局・国土交通省青森河川国道事務所)は12日、河川監視、油の流出防止体制を解除した。流出量は最大約6千リットルだが、市民生活に影響はなく、平川と岩木川への流出もなかった。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)