ジュニアワールドカップに向け、父と練習に励む成田選手=6日、青森市の認定こども園あらかわ

 22日にポーランドで開かれるフェンシングのジュニアワールドカップ(サーブル)に、青森明の星高校2年の成田武永(たけのり)選手(青森市)が出場する。世界大会のジュニア世代(17〜19歳)への出場は今回が初めてで、上位に食い込めば、目標とする世界ジュニア選手権への出場に一歩近づく。「世界で戦って自分の実力を見極め、今後につながる大会にしたい」と目標を語った。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)