基地内に照明がともる中、夜間の飛行訓練に向け滑走路を離陸するF35A=17日午後5時54分

 航空自衛隊三沢基地は17日夜、4月の墜落事故を受けて見合わせていた最新鋭ステルス戦闘機F35Aの夜間飛行訓練を、約5カ月ぶりに再開した。三沢基地に配備されている12機のうち2機が、太平洋上の訓練空域で、夜間の基本操縦訓練に臨んだ。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。