優雅に羽を休める3羽のハクチョウ=8日午後5時半ごろ、平内町の浅所海岸

 8日は二十四節気の一つ「寒露」。野山の草木に冷たい露が落ち、秋が深まる頃とされる。青森県内有数のハクチョウ飛来地として知られる平内町の浅所海岸では同日、冬の使者・ハクチョウが3羽確認された。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)