県内各地で政策や支持を訴える立候補予定者=7日(写真はコラージュ)

 10日公示の衆院選で野党再編の枠組みが決まり、青森県選挙区の対決構図が固まって迎えた週末の7日、野党は安倍晋三首相の政権運営や、自民党が成果を強調するアベノミクスを批判。対する自民党は、政策が一致しない寄り合い所帯―などと希望の党を非難した。一方、各党の公約がほぼ出そろったが、政策論争までには至っていない。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)