【相撲少年団体3位決定戦】2―2で迎えた大将戦で斉藤(三本木農)(左)が寄り切りで敗れ4位に終わった=西予市乙亥会館

 第72回国民体育大会「愛顔(えがお)つなぐえひめ国体」第8日の7日、愛媛県内を中心に16競技が行われた。青森県勢は、陸上で岸本鷹幸(大湊―法大出、富士通)が成年男子400メートル障害を制覇。奥口遥史(木造3年)が少年男子A走り幅跳びで4位に入賞した。相撲少年男子は団体決勝トーナメント準決勝で負け、3位決定戦も敗れて4位に終わった。個人決勝トーナメントでは団体出場の5選手が、いずれも初戦で敗退した。ボクシングは少年男子、成年女子の計4階級で、4選手とも準々決勝で敗れた。大会第9日の8日も16競技(正式競技)が行われる。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)