学識者が各分野から意見を出し合った総括フォーラム

 青森県六ケ所村は平安時代、名馬の産地「尾駮(おぶち)の牧」だった-との説を検証してきた「六ケ所村『尾駮の牧』歴史研究会」は8日、同村のスワニーで研究成果の総括フォーラムを開催し、尾駮の牧は村内に実在したと結論づけた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。