寿実麗のロビーで後片付けに追われる須藤さん(左)ら。玄関先には著名人の写真も多く飾られていた=8月28日

 青森県内の旅館やホテルなどの宿泊施設が近年、大幅に減少している。江戸時代以前から続く温泉街も例外ではなく、後継者不在が不況や建物の老朽化などと絡み合い、廃業するケースが目立つ。後継者問題の深刻化は温泉街の衰退につながりかねず、関係者は危機感を募らせている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)