40~60年に一度しか花が咲かないと言われている三十三間堂の花(中央左側)
緑色の花びらから、黄色いおしべ、めしべが伸びている三十三間堂の花

 青森県平内町の夜越山森林公園にあるサボテン園で14日、40~60年に1度しか開花しないと言われる多肉植物「三十三間堂」が花を咲かせた。同園で三十三間堂が開花したのは約35年ぶりといい、来場者たちが珍しそうに花に見入っていた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。