手形を使ったメッセージがギネス世界記録に認定され、喜ぶ三村知事(中央)ら

 縄文遺跡を訪れた人の手形を切り抜いた紙を並べて作った「縄文手形のペーパーメッセージ」が14日、青森市の三内丸山遺跡センターでお披露目された。手形の紙2476枚を使い「ペーパーハンドで作った世界最大の文章」として、ギネス世界記録に認定された。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。