再処理機構発足1年でインタビューに応じる井上理事長=4日、青森市

 原発から出る使用済み核燃料の再処理事業の実施主体である認可法人「使用済燃料再処理機構」が発足して1年。井上茂理事長が4日、青森市の機構事務所で東奥日報社のインタビューに応じ、再処理を事業委託した日本原燃の六ケ所再処理工場などで安全管理上のトラブルが相次いでいることに「事業発注者として大変重く受け止める。安全を期すよう、原燃に強く促していく」と強調した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)