藤田招慶さんの彫刻「毘沙門天」(写真左)、浅坂祥子さんの水彩画「祭が始まる」(写真右)
兵庫哲朗さんの版画「奥入瀬渓流」

 青森県文化振興会議は5日付で、第58回県美術展覧会「県展2017」の入賞者を発表した。グランプリには弘前市の藤田招慶さん(70)の彫刻「毘沙門天」、青森市の兵庫哲朗さん(77)の版画「奥入瀬渓流」、八戸市の浅坂祥子さん(44)の水彩画「祭が始まる」の3作品が選ばれた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)