3年間の学びの成果を披露する弘前実業高生たち

 弘前実業高校は8日、青森県弘前市の中三弘前店多目的ホール・スペースアストロでファッションショーを開いた。服飾デザイン科3年生39人が、3年間の学びの集大成として制作したこだわりの衣装に身を包み、堂々としたウオーキングを披露。会場を埋めた大勢の観客は、生徒たちの個性が光る作品の数々に見入っていた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。