日本原燃・六ケ所再処理工場の来年度上期完工が厳しい状況となったことに対し、三村申吾知事は3日の定例会見で「スケジュールありきでなく、安全確保を第一にしてほしい」と工程より安全確保を重視する考えを改めて強調した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)