17年産の青天の霹靂をトラックに積み込む作業員=3日午後1時ごろ、平川市

 市場デビュー3年目の県産米「青天の霹靂(へきれき)」の初出荷式が3日、青森県平川市の津軽みらい農協平川低温農業倉庫で行われた。全農県本部や県、地元の農家ら大勢の参加者が見守る中、出荷基準を満たした1等米35.64トンを積んだトラック3台が青森市と関東の米穀卸売業者へ向けて出発した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)