青森県は13日、8月末で一般公募を締め切った2020年東京五輪の聖火ランナーについて、青森県実行委員会募集分の最終応募状況を発表した。38人の枠に対し、1354人が応募、最終倍率は35.6倍となった。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)