ラビアンロールを巻き上げていく児童ら

 十和田市立藤坂小学校(川崎守校長)の3〜6年生が3日、同小で日本一長い「ラビアンロール(十和田バラ焼きのり巻き)」作りに挑戦した。児童らは、目標の30メートルを大幅に上回る32.37メートルののり巻きを完成させ、これまでの27.96メートルを更新、日本一を達成した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)