手作りの衣装で新田城主や家臣などに扮した住民らが、大館地区内を練り歩いた「出立行列」

 青森県八戸市の大館地区で1日、毎年恒例の「新田城まつり」が開かれた。江戸時代初期、根城南部氏の岩手・遠野の国替えに、同地区に新田城を築いた新田氏が付き従う様子を再現した「出立行列」では、地元の芸能団体や小中学生など約230人が参加、地区内を華やかに練り歩いた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)